本文へ移動

健康経営宣言

健康経営方針

健康経営への取組みについて

当社は創業以来、「人を大切にする会社」をモットーとしてまいりましたが、それは当社の主要ビジネスがエンジニアの派遣であり、社員が唯一無二の財産であるからです。しかしながら、これまで当社における社員の健康維持への取り組みは法令順守の枠内にとどまっておりました。これからは社員が心身ともに健康で、生き生きと活躍できる会社を目指し、健康経営を主要な経営課題のひとつと位置づけ、諸施策実施に積極的に取り組んでまいります。             
               関越ソフトウェア株式会社
               代表取締役社長 丸山 幸彦
 

◇◆◇健康経営施策◇◆◇

1.定期健康診断
▪受診率100%の目標(2021年度実績100%)を継続します。
▪産業医による健康診断結果の所見に基づき、再検査・精密検査が必要な社員にその旨通知しています。
 今後は、該当する社員に検査受診の有無を確認し、再検査・精密検査の受診率の向上に努めます。
▪健康リスクの高い社員に対し、産業医の所見に基づき、社員の健康リスク低減に努めます。
2.メンタルヘルスケア
▪ストレスチェック実施率80%以上の目標を継続します。
▪希望する高ストレス者はすでに設けている「24時間心と体の相談窓口」を利用するか、直接産業医の診断を受けることが可能です。
▪メンタルヘルス不調による休職者に対し、復帰支援プログラムを適用して円滑な復職を支援しています。
3.生活習慣病
▪代表的な生活習慣病の啓蒙活動を行っています。
▪定期健康診断結果において、生活習慣病の疑いがある社員に対し、産業医から生活習慣を見直す指導を行います。
4.禁煙活動
▪野外に喫煙所設置済みです。
▪喫煙者を把握済みです。
▪禁煙希望者に、禁煙補助薬「ニコチネルパッチ」を無償で支給しています。
5.インフルエンザ予防接種
▪毎年インフルエンザの予防接種を推奨し、その予防接種希望者には費用の全額補助を行っています。
6.睡眠障害
▪睡眠障害や業務中の眠気を訴える社員には産業医または病院の診断を受けさせ、その所見に基づき改善策を講じ、事故と生産性低下の防止に努めています。
7.アルコール依存
▪アルコール依存の疑いがある社員には「アルコール依存症チェックシート」に記載してもらい、産業医の診断によって依存症の有無を確認し、適切な指導を行っています。
当サイトでは利便性や品質向上のため、Cookieを使用することを推奨しています。
利用する場合は同意するを選択してください。同意をしない場合は、一部機能がご利用できません。 詳細はこちら

同意する

拒否する

TOPへ戻る