本文へ移動
関越グループはお客様の情報部門の運用支援、
情報システム開発支援など日本の情報化の進展を支える幅広い仕事をしています。

新着情報とお知らせ

プレスリリース「かわさきSDGsパートナー登録のお知らせ」
2021-08-20
このたび、関越ソフトウェア株式会社は「かわさきSDGsパートナー」に登録されましたことを
お知らせいたします。

SDGs(Sustainable Development Goals / エスディージーズ)とは「持続可能な開発目標」のことで、
2015年に国連で採択された「2030アジェンダ」に掲げられた、国際社会全体で取り組むべき世界共通の目標です。
「貧困をなくそう」、「気候変動に具体的な対策を」といった17の大きな目標と、それらを達成する
ための具体的な169のターゲットで構成されています。

日本国内に目を向けると、プラットフォーム会員数は既に5423団体(令和3年5月31日時点)に
のぼりますので、いかに活発な活動であるかがご理解頂けると思います。

「かわさきSDGsパートナー」は、川崎市がSDGsの達成に向けて取り組む企業・団体を
登録・認証する制度で、2021年3月の募集開始以来、企業、団体、NPO、学校など多様な業種の皆様が
既に数多く登録・認証されています。このプラットフォームを運営する事務局は川崎市と川崎信用金庫で、
プラットフォームを通して官民金学が一体となって川崎市内のSDGs活動を活発化させる仕組みです。
具体的にはセミナーの開催、情報の共有、交流促進、団体・企業間のマッチングなどの活動です。

「誰一人取り残さない」持続可能な未来を目指すという「かわさきSDGsパートナー」の理念は、
私たち関越ソフトウェアの「人を大切にする企業」という理念と共通するものです。

関越ソフトウェアはオフィスの省エネルギー化や情報セキュリティの保護等を通して
お客様、地域社会、従業員から信頼される企業経営を実現し、SDGsの達成と持続可能な
社会の実現に貢献できるよう取り組んで参ります。

川崎市ホームページ「川崎市SDGs登録・認証制度「かわさきSDGsパートナー」について」
https://www.city.kawasaki.jp/170/page/0000126044.html

TOPへ戻る